フェイスリフトでたるみを改善!リフトアップで若返ろう!

リフトアップで若々しい顔を取り戻したい!フェイスリフトに挑戦。 - たるみ改善にはフェイスリフト!使用する糸の種類は?

たるみ改善にはフェイスリフト!使用する糸の種類は?

皮膚のたるみ、特に顔のたるみと言うのは加齢に伴うものもあるので、気になりだすととても気になってしまうものだと思います。
あと少しだけここが引き締まったら・・・と言う思いで居る方も多い事でしょう。
たるみはセルフケアだけではなかなか改善しにくいものなので、そう言った時にはリフトアップ効果のある「フェイスリフト」を美容外科や美容皮膚科等で行う事がおすすめです。

糸を使ったリフトアップの糸による分類

糸で皮膚を引き上げるリフトアップ法を選んだ場合には、糸の先端を皮膚のどこかに引っ掛ける必要があります。
引っ掛ける形状の違いによって次のような違いがあるのが特徴的です。

  • トゲタイプ:とげ状のかえしが多数付いている糸
  • コーンタイプ:円錐型のコーンが多数付いている糸
  • ループタイプ:ループ(わっか)状の糸

どの糸を使用してリフトアップをするのかは、医師の選択とたるみの状態によって決まります。

糸を使ったリフトアップ法は切らないから安心!

糸を使ったリフトアップは、従来のリフトアップのようにメスで切ると言う作業がありません。
その為、切らないでリフトアップが出来るので、安全性が高く、仕上がりもナチュラルで他の人から極端に気づかれるようなことも少ないと言われています。
たるみは、少し改善される事でも、見た目年齢がぐっとアップしますので、「なんだか最近痩せた?」とか「若く見えるね」のような印象を周囲に与える事が出来るようになるのです。
人間の体と言うのはメスを入れる事により傷跡が残ったり、その部分だけ違和感が残ったりする事がありますが、糸を使ったリフトアップならそのような心配は無く、安心して施術を受ける事が出来るのではないかと思います。
一般的に言う「フェイスリフト」は手術を行う為に、麻酔を使用します。
切らない場合でも、リフトアップをする時には、局所麻酔をしたりする事があるのです。
リフトアップをする際の麻酔にはどのようなものがあるのでしょうか。

手術の際の麻酔について

クリニックによっては、局所麻酔のところもあれば、全身麻酔のところもあります。
美容外科で手術を行う際に1番気になるのは麻酔です。
手術の方法によって局所麻酔になるのか、全身麻酔になるのかは分かれると思いますが、事前のカウンセリング等の時に、これから自分がしようとしている手術の麻酔についてはしっかりと確認を取っておく事が良いでしょう。

局所麻酔と全身麻酔の違い

リフトアップをする箇所にもよりますが、局所麻酔で手術を行う場合は、ご自身の意識もあり、手術中の物理的な感覚を若干感じる事があります。
痛みは感じないのですが、引っ張られる感じがしたりする事は良くあるようです。
twerjt
費用の面でも局所麻酔の方が安価で済む傾向があります。
全身麻酔の場合は、痛みの面では眠ってしまうので全く感じない事がメリットです。
しかし、体にも費用の面でも負担が大きくなる事が心配されるので、どちらが良いとは一概に言いにくいものがあるのです。

安全面を考えるなら局所麻酔が良い

安全面や料金の面で安心感を得たい場合には、局所麻酔が良いでしょう。
しかし、局所麻酔はご自身の意識のある中で手術を行いますので、その点はある意味での覚悟が必要となります。
少し目を開いたりした時に、医師の手術の様子が見えたりする事もありますので、そう言った事に対しても動じないと言う覚悟は必要になるかもしれません。
体や料金の面で安心を優先するなら局所麻酔がおすすめです。
切らないフェイスリフトアップ
参考サイトはこちら⇒http://www.hiroo-prime.com/menu/menu/ultra_v.php

Copyright(C)2015 フェイスリフトでたるみを改善!リフトアップで若返ろう! All Rights Reserved.